Freed of London(フリード)は日本の会社だった?!

Freed of London(フリード)は、社交ダンスシューズの履き心地と安定感に定評あり

Freed(フリード)は1929年にロンドンで設立されたダンスシューズメーカーです。

数多くの社交ダンスシューズも手がけていますが、バレエシューズメーカーとして有名で、日本ではチャコットがFreed(フリード)のトゥ・シューズやダンスウェア等を販売しています。英国の有名なバレリーナ、Margot Fonteyn(マーゴ・フォンティーン)さんも、Freed(フリード)のトゥ・シューズを愛用されていたそうです。

日本ではやはりSupadance(スーパダンス)の人気が高いですが、Freed (フリード)はしっかりとした履き心地と安定感に定評があります。バレエのトゥ・シューズ等の製造において培われた技術が、社交ダンスシューズにも活かされているのでしょう。

続きを読む Freed of London(フリード)は日本の会社だった?!

ティーチャーズ・プラクティスで人気急上昇中!レイローズ Lorna Lee(ローナ・リー)

ティーチャーズ・プラクティスシューズにも色々なシューズがありますが、ダンスオンセールで最近人気が急上昇しているのが、

Rayrose レイローズ Lorna Lee L111 (ローナ・リー)

DSC00164 DSC00163

今回はこのシューズの魅力に迫ってみたいと思います。

続きを読む ティーチャーズ・プラクティスで人気急上昇中!レイローズ Lorna Lee(ローナ・リー)

レイローズ(Rayrose)のシューズ名の由来は◯◯?!

社交ダンスシューズの名前に、ブランド毎に特徴があるとお気付きですか? 例えばレディースラテンシューズだと・・・

————————————————————-

スーパダンス:1066や1403といった番号

インターナショナル:「Melissa(メリッサ)」「Tasha(ターシャ)」など英語の女性の名前

フリード:「Sylvia(シルビア)」「Leona(レオナ)」など、インターナショナルと同じく英語の女性の名前

————————————————————-

ここまでは割りとすんなり来るネーミングですが、
レイローズの「Gobi(ゴビ)」や「Blizzard(ブリザード)」って何だと思いますか?

続きを読む レイローズ(Rayrose)のシューズ名の由来は◯◯?!

ゴージャスな一足!インターナショナル Bianca Crystal(ビアンカクリスタル)

ドレスだけでなく、足元からゴージャスにしたい!というのが女心。

ゴージャスなシューズは色々とありますが、今回ご紹介するのはラテンシューズのこちら↓

続きを読む ゴージャスな一足!インターナショナル Bianca Crystal(ビアンカクリスタル)

レイローズ一番人気!カラハリ860(Kalahari)

ラテンシューズに定評のあるレイローズ(Rayrose)社。中でも、高い人気を集めているのが「カラハリ860」です。

レイローズ(Rayrose)カラハリ860(Kalahari)

レイローズKalahari
レイローズKalahari

DSC08821

履いた感想としては、「かなりのサポート力があるラテンシューズ」です。

続きを読む レイローズ一番人気!カラハリ860(Kalahari)